入院のご案内

1F ふれあいホール


 

当センターで行う腹腔鏡下手術は基本的に45日で行います。

(場合によって短縮・延長することもございます。)

 

当院は全室個室です。全ての患者様のプライバシーは守られており、窓から見える眺望は美しく、短い期間ですが日常から離れゆったりとした入院生活がおくれます。

海側には「かりゆしの庭」があり、天気の良い日は東シナ海を見ながら緑の中をゆっくり散歩することもできます。


入院当日

特別室

午後に入院します。

オリエンテーションを行います。月経がある方は尿中妊娠反応検査を行います。

食事・安静に制限はありません。手術に備えてゆっくり休んでください。

体調が悪い方は申し出てください。

入院2日目(手術前)

手術室入り口

手術を行います。

1例目の場合は9時開始となります。2例目以降の方は前の手術時間によって変わります。大体の目安を説明しますが、時間は変更になることもあります。

手術の2-3時間前まで水分を飲むことができます。担当看護師から説明があります。

 

入院2日目(手術後)

有償個室

手術後は4時間後から水分摂取を再開します。

座ることから初めて問題なければ6時間後から歩行を開始します。

歩いてトイレに行けるようなら膀胱留置カテーテルを抜去します。



入院3日目

無償個室

朝に採血があります。

朝食から食事を開始します。早く日常に戻るよう歩き始めます。

異常があれば看護師に申し出て下さい。痛み止めを服用します。それでも痛いようなら申し出て下さい。

入院4日目

最上階からの眺望

入院前の生活に早く戻るためどんどん歩いてください。

術後の経過を見るため診察を行います。(5日目に行うこともあります)

入院5日目

病院全景

退院後の生活について説明があります。

経過が問題なければ退院です。発熱などがあれば延期となることもあります。

退院後すぐに日常生活は可能ですが、1-2週間は無理をしないようにしてください。