腹腔鏡下手術とは

腹腔鏡下手術とは従来の開腹手術と違い、お腹を小さく切開して(5-12m程度を1-4ヶ所)カメラで腹腔内をのぞきながら手術を行います。

腹腔鏡下手術には様々なメリットがあります。

 

 手術を受けられる患者様へのメリット

  1)      傷が小さく目立たない。(美容面)

  2)      術後の痛みが軽い

  3)      体への侵襲が少なく、入院が短い

  4)      回復が早いため社会復帰が早い

  5)      術後の腹腔内癒着が少ない

 術者へのメリット

  1)      手術をする対象を拡大視できるため、より繊細な手術が可能

  2)      開腹手術では見えない骨盤の奥まで見ながら手術を行うことが可能

 

上記メリットを生かすためには確かな技術と経験が必要です。

 

当センターでは、多数の腹腔鏡下手術の経験を持つ徳嶺医師を中心に十分にトレーニングを積んだ3人で確かな技術を提供するよう努力しています。

 


腹部切開創

子宮摘出術、卵巣腫瘍手術など

 

子宮筋腫核出術の場合

 

 

 

 

※患者様の病状や手術内容により切開創の位置、サイズ、個数は変わります。

詳しくは外来でご説明いたします。



当センターで使用する機器

当センターでは最新の医療機器を導入しより安全な手術を心がけています。

以下はその一例です。

フルハイビジョン腹腔鏡システム

 

フルハイビジョンによる鮮明な画像で繊細な手術を行う事ができます。

超音波メス

 

超音波メスによって体に優しい手術を行います。

アドバンスドバイポーラ

 

確実な止血を行う事ができ、安全な手術が可能になりました。



ERAS(イーラス)プロトコル

当センターではERASプロトコル(術後の早期回復プログラム)を採用しています。

 

これまで、手術の前には長時間の絶食や長期間の点滴を行い、できるだけベッド上安静をしていました。しかし、このことは術後の回復を妨げ、日常生活への復帰を遅らせることがわかってきました。そのため当センターでは手術の3時間前まで水分摂取を可能とし、術後も問題がなければ4時間後から水分摂取を開始します。また早期離床を促し、尿道カテーテルも早期に抜去します。これにより手術を受けても早期に元の生活に戻ることが可能となります。